きやすさ一番!親切丁寧の店!(^^ゞ宜しくお願いします。問い合わせ歓迎!tamagonosite@pure.ocn.ne.jp

服、布物、リメイク、仕立て、オーダー ・ご予約の予定表、日記。tel:0737-23-7586

今日はどんどん資材が届く日

ワンピース10着分の生地到着。

f:id:mayuchann-net:20160724140041j:plain

f:id:mayuchann-net:20160724140057j:plain

裏地は既に水とおし(水とおしも依頼です)。縮絨といい、夏なら40分、冬場なら1時間ほど水に浸けて軽く水気を絞って(脱水の洗濯機にはかけません)干します。

水とおしはその方が気持ちいいから。縮絨の意味は縦横のキメをアイロンで整え、歪みを治したり、します。化繊にはしません。天然素材の中肉から分厚い生地でニット以外の生地に。またシルクは水とおし不可や場合によってはウールにも水とおししない場合が有ります。ウールの場合は150度以上の温度のアイロンの熱で繊維が溶けて生地が固まる場合が有るので、この水とおしや縮絨で最初にアイロンを当ててしまった場合服を作る時のアイロンで布に柔軟性が無くなりアイロンで形が整わない事が有るから。画像の裏地はコットンの天然素材だと思いますが薄手なので縮絨は水に通さなくてアイロンのスチームで整うのですが、依頼主さんが綺麗なものをお客様にお届けされたいという事で特別に水とおししています。ビニール袋の中で布地を水に通すと袋の上から布地を押して水を絞る事が出来ます。新しいタオルを袋の中に入れてタオルに水を吸わせて干します。色落ちする布地の場合は布地どうしの色が生地にくっつくのでもっと大きなバケツで様子を見ながら水に浸ける必要が有ります。畳んだまま水に浸けるのは駄目です。

f:id:mayuchann-net:20160724140114j:plain

下の画像は別の依頼主様からのタイと今回依頼分のワンピースの裏地です。

表の生地も到着が楽しみ。

f:id:mayuchann-net:20160724141106j:plain

ランサーズなどでのサイトからもう3着分ワンピースの生地が届きます。

8月はワンピースが多いです。こんな時はめったにないけど。

それから今月末まで近くの包装資材店の大田さんにメンズジャケットの袖の丈詰めを2点頂いているのでそれを縫いたいと思います。

湯浅町のたこ焼き屋さんの近くのショップ。1枚から包装紙が選べたり、紙袋や、スプーン袋など少量買い出来て良いですね。私も発送用の袋や箱を沢山使うので寄ってみて良かったなって思いました。今は購入している袋が沢山有るので足りない分だけ買い足して。お待たせしています。